大山登拝

先日、快晴予報だったので、ふと思い立ち、大山に行ってきました。

大山は私が住んでいる町田市からアクセスが良いこともあり、山に登りたいと感じた時に選ぶことが多く、年間6回くらい訪れています。

次のような魅力がリピートする理由になっています。

①神様を祭る山である

 山頂には大山阿夫利神社の本社(上社)が鎮座する霊山であり、登拝することで、心身が清められる感覚を得られる。

②手軽に身体への適度な負荷が得られる

 大山ケーブル駅バス停〜本社までの往復の標準コースタイム4時間という手軽さだが、コースは斜度がきつい箇所もあるため、脚やインナーマッスルに適度な負荷をかけることが出来る。

③美味しい食べ物

 大山ケーブルバス停から山道に入るまでの間、宿坊や飲食店、土産物屋が軒を連ね、名物である大山豆腐などを食べることが出来るなど、下山後の楽しみがある。

④景色がよい

 天気がよければ、山頂から相模湾を見渡す大展望を楽しむことができる。途中にある富士見台からは富士山を眺めることも可能。

⑤インフラが整っている

下社まではケーブルカーで登ることも出来るため、体力の無い方も一緒に行くことが出来る。また、トイレが下社付近や山頂にあり、用をたすことに困らない。

今回は、身体の錬成を主目的として登ってきたのですが、概ね望む結果が得られました。下山時に今までに無い身体感覚で駆け下りることが出来たのです。もともと下りは得意ではなかったのですが、山を下るのが楽しいと感じられたのは、初めての経験でした。このことについては、もう少し言語化が進んだら書こうと思います。

12月後半でしたが、快晴のため寒さを感じることなく、快適な山行になりました。頂上からの展望も素晴らしかったです。

下山後は、大山しめじが入ったお蕎麦と大山豆腐を頂きました。

この大山しめじは、普通にスーパーで売られているものとは、一線を画し、歯応えもよく、味わいも深く、何よりもエネルギーが高い※のが特徴。メインの具材がしめじだけとは思えないほどの、満足感が得られました。大山しめじは11月〜3月の期間限定(暖かくなると開いてしまい、食味が落ちるとのこと)です。この大山しめじ蕎麦は「塚本みやげ店」さんで食べることが出来ます。※エネルギーの知覚は個人差があります。

快晴のもと、新たな身体感覚が得られるとともに、美味しいお蕎麦も堪能できて、よい1日になりました。また来年の1月から2月頃に訪れたいと思います。

Follow me!

前の記事

新年

次の記事

新年